さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2007年07月05日

海の日の山の思い出

今年の海の日は16日-もうすぐだね
海の日って祝日ができたのはいつだか忘れてしまったけれど
私にとって海の日は山の日である。
ここしばらくは山をさぼっているけれど
梅雨明け夏山シーズン最適の頃(16日はちと早いかな)やっぱり山の日だ。

夏山のにおい・風・高山植物・雲の流れていくさま・・・前を歩く友達の姿・・・
いろんな山を思い出す。
何しろそのころはカメラも持たず・記録もつけずの行ったきりだったもので
記憶があいまいなことがほとんど。
きれぎれに海の日頃にいった山を思い出してみる

大好きな吾妻。湿原の向こうに沈む夕日、あたりは真っ赤で言葉もなくただ見つめる

鳥海山で太陽に2重の丸い虹がかかっていた
そして、山小屋宿泊断られ、ルート変更無人小屋で虫に巻かれて寝たこと

焼石岳でじゃんじゃん雨に降られ、ずぶぬれで下山したら
よっぽど哀れに見えたのか、温泉のおじいさんが呼び止めてくれて
ただで温泉に入れてもらったこと

蓬峠のテン場で雷が近くに落ちる音を聞いたこと(これはチョット時期がちがうかも)

苗場山の木道に寝転がって池とうに映る雲を眺めたこと

中央アルプスのカンカン照の稜線をわしわし歩いたこと

そして、北アの雲の平・・・天国のような(行った事ないけど)花畑
山の中の贅沢すぎる温泉。夜にテン場で誰かが歌っていた知床旅情の歌・・・
下山したくなかった。

暑寒別に行ったのも海の日頃だったかな

雨の日はつい昔のことを思い出す
思い出ばかりじゃいけない
また、山の友達と出かけたい。  


Posted by ねじ at 11:00Comments(0)山登り(思い出)

2006年12月12日

西別岳

西別岳は摩周湖のそばの小さな山。
これまた10年以上前の話。

小さな山だが高山植物がたくさんあるのに驚いた。
珍しいっていうのにはあわなかったけど
今でも途中見たエゾツツジのあかいろが目の奥に残っている。
こういうしみじみした山はとっておきのひとつと思っていた。

数年後、私が北海道にいなかったとき
そこで高山植物がたくさん盗掘されたとTVのニュースでやっていた。
高嶺の花を地上におろしてどうするんだ、
厳しい自然のなかでこそ輝いている命なのに。
と、しばらく怒っていた
ちょっと悲しい思い出。  


Posted by ねじ at 21:57Comments(0)山登り(思い出)

2006年11月21日

羊蹄山

今日もまた雨

確か、真狩コースを登ったと思う。
何故か登りも下りも見た風景もほとんど記憶が無い。
ただ、山頂のぐるりを一人で回った時
山頂の父釜が大きいなーと思ったことくらいかな。
もう一度あの頂に立ってみたいが
今の私にはその自信が無い...


写真は先日19日にニセコビュープラザ近くでとったもの。
別の方向からは登山道が雪の中に黒々と見えた。  


Posted by ねじ at 09:32Comments(2)山登り(思い出)

2006年11月14日

暑寒別岳

今日もまた雨
そして今日もまた10年くらい前の確か7月の話

横浜からわざわざ来てくれた人たちと
雨竜沼湿原を抜けて
湿原奥のテン場にテントをはった。
池とうに映る雲を眺めるのが好きだ。
木道をぽくぽく歩くのが好きだ。
暑寒別の頂からは群別岳が格好よく見えた
そして、日本海側に名も知らぬ山また山。
あのスカッとした眺めは今でも忘れられない。

先日、雨竜の町を通りかかったら
当時、雨竜の町からタクシーで雨竜沼入り口まで行ったが
四つ角に立っていたタクシー会社の看板に見覚えがあり
つい懐かしく、時間が止まっていたような錯覚をおぼえた。

雨竜沼思い出のおまけ
同じ昔、他の機会に雨竜沼だけに出かけた時
バスツアーだったんでしょう
バスガイドのお姉さんがスカートで雨竜沼まで旗をあげながら行っていた。
蚊やブヨがひどいのにニコニコしながら登っていたけなげな姿が
今でも忘れられない。  


Posted by ねじ at 09:26Comments(2)山登り(思い出)

2006年11月09日

利尻岳ほか

本日もまた雨ってことで

これまた10年以上前(遠い目にて)
利尻岳さすがの百名山、当時も結構混んでいた気がする。
途中、斜面のキンバイがきれいだった。
山頂は結構狭く高度感あり
雲海の向こうにおそらくサハリンが見えた。
今頃はどうなんだろう雪をかむって静かなんだろうね。

その帰りに寄った礼文島もいいところだった。
海岸近くまで高山植物!
西海岸の8時間コースを歩いてみたかったけれど
今だ実現していない。

今は礼文も結構各所整備されてきたようだけど(聞く話)
今でも、室蘭なら迫力満点?!の海岸沿い散歩コースあり!
こんなとこまで行って大丈夫かい?ってな、岩の上とか笹の道
とても工業都市室蘭とは思えないところ。

ちょっとガスかかっている室蘭6月の写真  


Posted by ねじ at 13:35Comments(2)山登り(思い出)

2006年11月07日

狩場山

こんな雨の日は昔の事を思い出してみる。

このところはさぼりがちな山登りだけれど
もう、10年も前は月に2回は行こうとしてたっけ。

道内で登った山はどれも懐かしい
と偉そうなかきだしだけれど
それほどたくさん登ったわけでないのです~

静かな山道を一歩一歩登る
山頂でぼうぼうとした風に吹かれる。
狩場山から眺めた奥尻島が光る海の中に真っ黒に見えた様子を
一枚の白黒写真のように思い出す。
今ではどのルートから登ったのか記憶も定かでないのにね。
そして、その頃の自分から今の自分が全然進歩していない事に改めて気づく...


写真は先月とった海にさす日の光の写真
狩場山から見た島はもっときらきらした光の海の中だった。

と、雨の日は時に思い出シリーズにしていこうと思います。  


Posted by ねじ at 15:58Comments(4)山登り(思い出)